HOME > こどもがかかる病気

こどもがかかる病気

かぜ症候群

かぜ症候群のイメージ
小児科にかかるうち最も多い病気が風邪です。

かぜは子どもが一番多くかかる病気と言われております。かぜの原因の8割はウィルスによるものです。かぜ症状を引き起こす100種以上のウィルスが、咳やくしゃみで唾液が飛んだ際に、飛沫感染で人から人へ感染します。風邪に効く特効薬はありません。安静と休養を心掛け、人間の身体の自然治癒力を損なわないようにするのが重要です。

インフルエンザ

全身症状が強いのが特徴。しっかりとした予防接種をおすすめします。
インフルエンザのイメージ

インフルエンザは、高熱、全身倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状が強く出るのが特徴です。また、脳症、肺炎、心筋炎などの合併症を起こすこともあります。風邪と同様にインフルエンザも感染の大半はくしゃみや咳による飛沫感染で人から人へと感染します。
インフルエンザの予防として、手洗いとうがいを日頃からしっかりすることが大切です。予防接種を受けられることをおすすめします。

突発性発疹

1歳過ぎまでの赤ちゃんに多い病気です。

生後3ヶ月から1歳過ぎまでの赤ちゃんに多くみられる病気です。この病気の特徴は、高熱が約3日ほど続き、熱が下がった後に顔や体に赤い発疹ができます。発疹は、約2~3日で自然に消えますが、便がゆるくなったり、高熱時はひきつけを起こすこともあります。また、大泉門が膨れ上がることもありますが何度も吐いたりぐったりしていなければ心配はいりません。この病気は、ウイルスの感染によるものですが子ども同士で感染しません。

はしか(麻疹)

はしか(麻疹)のイメージ
1歳を過ぎたら、必ず予防接種が必要です。

麻疹ウィルスが鼻・のどから体内に進入すると、約10~12日経過後に発病します。感染初期(3~4日間)は、高熱や咳、目やに、鼻汁などの症状が出始め、発疹が出現した頃に口内に白い斑点が出来る場合もあります。
一旦解熱して、半日ほどで再び高熱となり(二峰性発熱)、発疹が出現してきます。数日間は高熱状態が続きます。徐々に赤い発疹は暗褐色の色素沈着を残し、1週間ほどで消えていきます。熱が下がって3日ほど経過したら通常の生活に戻しても問題ないでしょう。はしか(麻疹)は、感染力が強く、その上脳炎を起こしやすく重い病気です。
1歳を過ぎたら早期の予防接種をお勧めします。

風疹(三日はしか)

風疹(三日はしか)のイメージ
妊娠中のママは特に注意が必要です。

風疹は、鼻やのどからウィルスが入り、2~3週間経過後に発症します。赤くて小さな発疹が全身に出ますが、約3日間で消えていきます。熱があまり上がらない子から3日ほど高熱になる子まで色々な子がいます。特徴としては首のリンパ節が腫れます。発疹が消失すれば、通常の生活に戻しても問題ないです。また、妊娠の初期段階に風疹にかかると、お腹の中にいる胎児にも感染し、白内障や心疾患、難聴、精神運動発達遅滞といった先天性風疹症候群になる場合がありますので、予防接種(MRワクチン)をしっかりと受けておきましょう。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)

パパも注意が必要です。

ムンプスウィルスが鼻やのどから入って、約2~3週間後に発病します。耳の下の唾液腺(耳下腺)が腫れて痛くなります。また顎の下の唾液腺(顎下腺)が腫れることもあります。その腫れは約1週間から10日で治ります。
感染しても症状が出ないことが3割から4割くらいの割合であります。髄膜炎を合併しやすいので、非常に頭を痛がったり、吐いたりするときは診察を受けてください。他の合併症として、難聴、精巣炎等があります。

水痘(みずぼうそう)

ほとんどの子どもがかかる病気です。

水痘(みずぼうそう)は、発熱と全身に強いかゆみを伴う赤い発疹が特徴の感染症です。1日ほどで発熱は下がり、1週間ほどで発疹がかさぶたになって治ります。みずぼうそうの感染力は極めて強く、5才までに8割のお子さんが感染すると言われていますが、一度かかると免疫ができて二度と感染しません。基本的には、1週間程度の経過で治癒することがほとんどですが、免疫力が低下している子では重症化しやすく、死亡することもあります。

百日咳

百日咳のイメージ
脳炎や脳症を合併することがあるので要注意です。

百日咳は、特有の咳発作を特徴とする急性気道感染症です。初めの1週間は通常のかぜと変わらない症状が出ますが、徐々に咳が強くなり顔を真っ赤にしてコンコンと短く、激しく咳込み、その後に「ヒュー」と息を吸い込むような咳発作を繰りかえし、粘りけのある痰が出るのも特徴です。咳発作はだいたい4週間~6週間ほど続きます。乳児の場合、呼吸が一時的にとまる無呼吸発作やけいれんを起こすことがあり、まれに脳炎や脳症を合併することがあるので注意しましょう。熱は出ませんが、肺炎や中耳炎を併発すると熱が出ることがあります。

溶連菌感染症

クスリをしっかり飲みましょう。

溶連菌という細菌がのどに感染し、2~3日後にのどの痛みや熱が出ますが、微熱程度で1~2日ほどで自然に下がることもあります。体に細かい赤い発疹が出ることもあり、すごくかゆくなります。また、舌がイチゴのように赤くなります。抗生物質を飲むと、1~2日ほどで症状はなくなりますが、抗生物質を5日~1週間ほど継続しないと再発しやすく、治療を受けないと腎炎やリウマチ熱を起こしてしまうこともあります。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナのイメージ
脱水症状に気をつけましょう。

ヘルパンギーナは、手足口病や咽頭結膜熱(プール熱)と同じく、毎年初夏から秋にかけて流行する「夏かぜ」と言われる代表的な病気のことです。感染してから3~6日で38℃を超える高熱が出ます。発熱に伴い、熱性痙攣が起こることもあります。のどに小さな水疱ができ、潰瘍へと発展し痛がりよだれが多く出ます。
のどの痛みのために、水分補給がしっかりと出来ず脱水症状になることがありますが、刺激の少ないものを摂取するように心掛けましょう。高熱が続いたり脱水が強い場合には、解熱剤を使用したり、点滴を行うこともあります。一般的には1週間ほどで症状が落ち着き、後遺症もほとんど残らないです。

手足口病

夏の風邪の代表、吐いたら注意が必要です。

手足口病は、夏かぜの一種で5月から8月頃に流行します。1歳~4歳までの小児がよく感染し、手や足、口内に発疹が出来る病気です。まれにお尻やひざに発疹が出来ることもあります。発疹は水疱(水ぶくれ)を起こしたり、破れたりすることもあります。2、3割のお子さんが38℃以上の発熱を起こします。口内が痛くご飯が食べられなくなることがあり、髄膜炎を合併することもまれにありますので、頭痛がひどく、熱が下がらず、吐いてしまうような症状が出るようなら注意が必要です。

りんご病(伝染性紅斑)

りんご病(伝染性紅斑)のイメージ
妊婦のママは流産の恐れもあります。

りんご病(伝染性紅斑)は、パルボウィルスの感染により、りんごのように頬が赤くなったり、手足に網目状の紅斑が出る病気ですが、発熱は伴うことはほとんどなくいつも通り元気なのが特徴です。発疹の出る1~2週間前の数日間は人へ感染しますが、リンゴ病と分かった時にはすでに感染力は消失しています。
成人が感染した場合、微熱が出たり、関節痛が伴う場合があります。また、妊婦さんが感染した場合、流産をすることがありますので注意が必要です。

ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎のイメージ
脱水に要注意!

毎年、秋から冬にかけて嘔吐下痢症が流行します。この原因の多くは、ノロウィルスやロタウィルス、アデノウィルスなどのウィルスの感染によるものです。症状としては、突然の嘔吐で始まり、半日ほど遅れて水のような下痢が始まります。嘔吐、発熱は2~3日でおさまります。約4~5日から1週間ほどで下痢がおさまります。
この病気で注意することは脱水です。嘔吐、下痢がひどく水分摂取が不十分だと脱水を起こりますので、まずは脱水症状を起こさないようにすることが重要です。水分をこまめに摂取させるようにしてください。

医療法人社団荘知会 渡辺小児科医院 お電話で直接お問い合わせください 058-246-8882 〒501-6012岐阜県羽島郡岐南町八剣1-24

大きな地図で見る

〒501-6012
岐阜県羽島郡岐南町八剣1-24

ホームページを見たとお伝えください 058-246-8882
診療時間
9:00~12:00×
15:30~18:00×××

休診日:水曜午後・土曜午後・日祝日

詳しくはこちら